DDRbrand

AI開発 画像解析 ロボット開発 AIサイネージ制作

・「ハンディタイプ サーマルカメラ」導入事例【大垣市情報工房様】

サーマルカメラの活用で非接触による安全な検温を実施

 

「ハンディタイプ サーマルカメラ」を大垣市情報工房様にご導入いただきました。

 


 

【ご導入の目的】

1階にある「交流サロン」には、子どもから大人まで、誰もが気軽に最新のロボットやICTに触れることができるたくさんのコーナーがあります。

施設に入場される利用者様の健康チェックシートのご記入と合わせて、サーマルカメラによる入口での検温を実施されています。

 

セルフ化することで、一定の距離を保ち非接触による安全な検温ができるようになりました。

 

 


 

【システム構成】

サーマルカメラと管理用パソコンをUSBケーブルで接続し、モニターに映し出されたカメラ映像をリアルタイムでスタッフ様が確認しています。

 

 


 

 

お見積りのご依頼はお気軽にご連絡ください。

 

製品についてのご相談はこちらまで。

 

直通 090-4794-0149 担当 藤田