DDRbrand

AI開発 画像解析 ロボット開発 デジタルサイネージ制作

小規模事業者持続化補助金の公募要領が公開されました。

小規模事業者持続化補助金の公募要領が公開されました。

 

2020年3月13日(金)から申込み受付け開始となります。

第1回受付締切:2020年3月31日(火)

第2回受付締切:2020年6月5日(金)

第3回受付締切:2020年10月2日(金)

第4回受付締切:2021年2月5日(金)

 

●申請の一例

AI搭載デジタルサイネージを店頭に設置して、画面の前に立ったお客様の年齢や性別にマッチしたおすすめ商品や広告を、AIが自動的に配信するシステムを導入することで販売促進と業務の効率化を同時に図る。

など

 

補助金申請には商工会議所または商工会による書類確認が必要です。

まずはお近くの商工会議所または商工会へご相談ください。

計画書の作成などのサポートを受けることができます。

 

【補助事業概要】

本補助金事業は、持続的な経営に向けた経営計画に基づく、小規模事業者等の地道な販路開拓等の取組や、あわせて行う業務効率化の取組を支援するため、原則50万円を上限に補助(補助率:2/3)するものです。

 

ご注意!

日本商工会議所と全国商工会連合会で受付けの窓口が異なります。

 

令和元年度補正予算 小規模事業者持続化補助金

「商工会議所」の管轄地域の事業者様はこちら

https://r1.jizokukahojokin.info/

 

「商工会」の管轄地域の事業者様はこちら

http://www.shokokai.or.jp/jizokuka_r1h/

補助金を活用した最新AI導入につきまして

当方は日ごろから主に観光事業に関わる事業者様のお世話になり事業を継続させていただいております。

今回の感染症の流行で宿泊、飲食、小売などの各事業者様におかれましては観光客の減少により多大な影響が出ていることを心よりお見舞い申し上げます。

一刻も早くこの状況が改善されることを願っております。

 

このような状況から、新型コロナウイルス感染症で影響を受けている事業者の皆様が活用できる補助金が経済産業省より案内されております。

※現時点で公募はまだ始まっておりません。

https://www.meti.go.jp/covid-19/index.html

 

それぞれ販路拡大、業務効率化、付加価値向上など目的に応じて公募できる補助金です。

最新AI&IoTの導入も対象となりますので、AIを搭載したデジタルサイネージやロボット導入に補助金の活用をご検討いただけます。

今後の経営のための準備として、今できることを私どもはサポートさせていただきます。

 

 

国営木曽三川公園プロジェクションマッピング制作

国営木曽三川公園センター(岐阜県海津市海津町油島)にある「水と緑の館・展望タワー」のプロジェクションマッピングをプロデュースしました!

 

「花と光」をテーマにコンテンツを制作。

開催中のイルミネーションイベントの幻想的な雰囲気を一層引き立てます。

今回は予算に合わせて一台のプロジェクターでタワーの一部の壁二面に投影。

セッティングを工夫することでローコストにて実施。

一部に投影するだけでも十分効果を発揮できます。

 

期間 11月23日~12月31日 17:30~20:30

イルミネーション期間中毎日投影しております。

 

このような建物の大型プロジェクションマッピングのほか、水族館など人の動きに合わせて動くインタラクティブなプロジェクションマッピングの制作も企画いたします。

お気軽にご相談ください。お問い合わせはこちらからどうぞ。

 

お問合せ

 

「タッチパネル観光案内」はAI搭載モデルに進化!

「多言語対応タッチパネル観光案内」はAI搭載モデルに進化しました!

 

観光案内がタッチパネルでスムーズに行える「多言語対応タッチパネル観光案内」にAIを搭載しました。

「いつ、どこで、だれに利用され、何に興味を持ち、どのような行動に繋がったのか」を可視化できます。

訪日外国人観光客にも対応した多言語コンテンツで観光案内所、ホテルや旅館などの宿泊施設でご活用いただけます。

タッチパネルとインタラクティブコンテンツで様々なシチュエーションに対応できます。

蓄積したデータを解析し起こり得る行動の予測も実現。

最強のマーケティングツールへと進化しました!

 

 

AI登載モデル導入のメリット

・顧客の年齢層や性別などの可視化

・商品への関心度の可視化

・顧客の行動パターンの可視化

・顧客の年齢や性別に応じた広告の自動表示

・顧客の購買履歴からおすすめ商品の自動表示

・人手不足対策

・勘に頼らないマーケティング戦略の展開

・素早い販売戦略の軌道修正

・来客予測による適切な人員配置

・販売数の予測によるムダな在庫の削減

・ニーズマッチした商品の開発

・店舗レイアウトの適切な修正

※この他、様々な業種においてメリットは多数得ることができます。

 

AI登載デジタルサイネージについて詳しくはこちらのページにてご案内しております。

画像をクリックするとご案内ページへリンクします。

 

「AI登載 デジタルサイネージ」リリース

 

 

 

「AI登載 デジタルサイネージ」リリース

AIの搭載で「最強のマーケティングツール」に進化!

 

デジタルサイネージは、動画広告を繰り返し流したり、タッチパネルとマップで道案内するなど、デジタル化のメリットを活かし便利なツールへと発展してきました。しかし、導入の効果が見えにくいことから「設置して効果あるのかな?」「だれに利用されるのかな?」という不安を感じる声も多く聞かれました。また、いつも同じコンテンツを流したままになっている、残念な運用をされているサイネージを見かけることもあります。

 

このような課題を解決するため、私たちは「AI搭載 デジタルサイネージ」を開発いたしました。「いつ、どこで、だれに利用され、何に興味を持ち、どのような行動に繋がったのか」を可視化できます。さらにその蓄積したデータを解析し起こり得る行動の予測も実現。まさに最強のマーケティングツールへと進化させました!

 

また、システム開発の効率化を図ることでローコストでの提供も実現。夢に描いていたツールはもう手の届くものになり、いよいよ活用していく時代がやってきました。企画開発から導入の効果検証までトータルでサポートいたします。お気軽にご相談ください。

 

最強のマーケティングツール導入のメリット

 

・顧客の年齢層や性別などの可視化

・商品への関心度の可視化

・顧客の行動パターンの可視化

・顧客の年齢や性別に応じた広告の自動表示

・顧客の購買履歴からおすすめ商品の自動表示

・人手不足対策

・勘に頼らないマーケティング戦略の展開

・素早い販売戦略の軌道修正

・来客予測による適切な人員配置

・販売数の予測によるムダな在庫の削減

・ニーズマッチした商品の開発

・店舗レイアウトの適切な修正

※この他、様々な業種においてメリットは多数得ることができます。

 

デジタルサイネージにカメラやスマートフォンなどのデバイスを連携させて、そこから得られる様々な情報をビッグデータとして蓄積していきます。

 

 

デジタルサイネージやカメラ、スマートフォンなどから得たビッグデータをAI解析することで、年齢や性別による商品への関心度や購入履歴、顧客の行動パターンなど「いつ、どこで、だれに利用され、何に興味を持ち、どのような行動に繋がったのか」を可視化できます。今まで見過ごしていた数値や行動パターンが見えることで、経営分析や業務の改善に役立てることが可能になります。

 

AIはデータを解析して今後起こり得る行動を予測することができます。関連性のあるデータをたくさん読み込ませ学習を繰り返すことで成長していき、解析の精度が増して的中率が向上します。例えば「天気が崩れる、近隣でイベントがある」などの情報から、経験と勘で予測していた来客数や販売数などをAI解析し数値化することで、予測を基に人員配置や商品の在庫を事前に調整でき、ムダの発生を防ぐことに役立ちます。

 

 

ご予算に合わせたカスタマイズも柔軟に対応できます。

 

設置の目的やご予算に合わせた機能のカスタマイズも柔軟に対応することができます。必要な機能に絞り込んで運用をスタートしたい方にも最適です。

また、システム開発の効率化を図ることでローコストでの提供も実現。その他、AIによる設置効果の事前調査もお受けいたします。まずはお気軽にご相談ください。

 

ご相談はお問合せページまたはお電話にてお受けしております。

 

電話 0584-73-6171 担当 藤田まで

 

お気軽にどうぞ!

AI&ロボット活用コンサルティングサービス

環境に適したAI&ロボット活用をサポートします!

AIは画像を解析してデータ化したり、コミュニケーションが取れたりできます。時間を掛けて人の目で行っていた製品チェックや、受付・窓口対応を任せたりできます。また、数値化したデータをマーケティング戦略に活用することも可能となります。農業、工業、商業、サービス業など様々な現場環境での活用ができます。

まずは、経験豊富なAI&ロボットコンサルタントが現場の状況を調査させていただきます。「こんなことできるかな?」「ここを改善できないかな?」とご相談いただければ改善策をご提案いたします。開発から導入効果検証までコンサルタントがトータルでサポートいたします。お気軽にご相談ください。

 

ご相談はお問合せページまたはお電話にてお受けしております。

 

電話 0584-73-6171 担当 藤田まで

 

お気軽にどうぞ!

導入したロボット眠らせていませんか?

 

お持ちのロボットを環境に合わせてカスタマイズ!

集客など様々な効果を期待して導入したロボットが思ったほど利用されないのは、設置されている場所や本体の設定が環境にマッチしていないと考えられます。会話により感情を表したり、顔を記憶して挨拶ができたりと、人間らしさを表現できるロボットは、魅力的な機能を備えており様々なシーンで活用できます。

 

まずは、経験豊富なロボットコンサルタントが現場にて利用状況を調査させていただきます。効果が上がらない原因を探り改善策をご提案いたします。ロボットの設置場所からプログラム開発まで環境に適したカスタマイズをトータルでプロデュースいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

 

 

ご相談はお問合せページまたはお電話にてお受けしております。

 

電話 0584-73-6171 担当 藤田まで

 

お気軽にどうぞ!

コラム「なぜ現場のデジタル化が必要なのか?」

オオノ経営労務事務所 所長

中小企業診断士・販売士・社会保険労務士など

メーカー、経営コンサルティングファームを経て事務所開設。「変化には変化でしか対応できない」を企業支援の基本としている。著書に「売れるように売れば必ず売れる」「働き方・生き方こころの軸」「人のやる気を高めるリーダーシップ」等がある。

 

 

「店舗や企業」における「販売促進」「組織活性化」の事例

 

1、店舗や企業の販売促進対応は迷路にはまっている

 

「価格競争でモノが売れなくなった」「営業マンの営業力が低下している」「檄を飛ばしても営業成績が上がらない」・・・そんなあきらめにも似た嘆きの声を、特に最近多く聞く。

価格競争下にあっても定価で売れている商品はたくさんあるし、営業力の高い営業マンも数多くいる。

売れる営業マンと売れない営業マンとの違いは何だろう。

売れないのは「売れるように売っていないからだ」・・・それに尽きる。

モノを売るという発想ではモノは売れない。なぜなら、売る方が先で買う方が後でない。必ず、買いが先でその後に売りが発生してくるのである。

即ち、購買(購入)があって、初めて売上が発生することになる。

顧客志向とは何だろうか。難しく考えることはない。顧客の立場にたち、顧客側のモノサシを持つことである。

モノを売るという考え方は、売る方(メーカー、問屋、小売店)のモノサシで顧客を見ている。だから、売れない。

顧客は買いたくないモノは買わない。必要なモノしか買わない。売りたいモノが売れるわけでない。だから、買いたいようにすればよい。

 

 

2、組織でのコミュニケーション

 

組織とは2人以上のヒトで成り立っている。組織である店舗や企業は人の集団であり、組織を成長・発展させるのも、組織を腐らせるのも、人そのものである。その成長と腐敗との分かれ目の要因として「人のやる気」というものが大きく左右している。人は「やる気」があると自分自身で目的意識や問題意識、コスト意識を持ち、迅速かつ的確に行動に移すことになる。

そのやる気の源泉に組織における「コミュニケーション」が大きな要因である。

 

 

3、先ず、店舗にお客さまが来店することが大切

 

当店の提供物(商品やサービス内容)には特に自信があるが売上が少ないという声が多い。自慢の商品(飲食店の場合は料理、美容室やサービス業の場合は技術・ノウハウ)があっても、お客様に提供して満足いただかないと次のリピートに繋がらない。従って、先ずお客様に来店していただかないと話しにならない。

 

 

4、伝えたつもりでも伝わっていない!!

 

企業内では情報を的確に伝えないとミスやクレームになることが多い。現場の基本は5S、仕事の基本はコミュニケーション(ホウレンソウ)である。

生産・営業・事務現場の責任者と話すと、社員(部下)が「聞いていない」「知らなかった」「指示されていない」といった組織にとって致命的な問題になっている。どのように伝えているかと尋ねると、対策として「文書や掲示」で伝えているのが特に多い。掲示板に記載してあっても社員は「関心をもって見ていない」のが現状である。

 

 

5、販売促進・組織活性化の最適な対応は「確実に伝える」ことである

 

①店舗の営業内容(見てくれない)でなく、当店の強み、特徴や顧客メリットを伝えないと来店に結びつかない。チラシを配布してもゴミになるだけである。ホームページは広範囲に対応できるがヒット率が少ない。

②企業内での伝達事項は「文書のみ」では効果は薄い。上司や管理職は伝えたと言うが、

日々の業務の中で関心を持って見てくれない。

 

 

デジタルサイネージが大きな効果があった!! 実践済み

 

人は静止した情報(掲示)には関心を示さないが。動く情報には関心が増す。例えば、店舗案内でもデジタルサイネージなら立ち止まって店舗情報に見入る。

社内で「繰り返し伝達を要する重要情報」「業務現場での生産情報(スケジュール、生産量、納期、安全等)」「社内行事」「社内で徹底したい事柄」をデジタルサイネージでデジタル化(動画や時間帯ごとの画面表示切替)での対応が好ましい。

これまでも、多くの店舗や企業にお勧めし大きな効果が得られている。

 

商談を常にリードする!商談スペースのデジタル化

説得力のある情報で顧客の気持ちを一気に引込む

顧客とテーブルを囲んで行う商談は、自社製品の魅力をダイレクトに伝えることができるチャンスの場であり、営業活動において最も重要で生産的な時間だと考えられます。そして顧客は、製品の特長や他社との比較、導入後の費用対効果など担当者に様々な情報を求めます。商談を優位に進めていくには、顧客の要求やニーズを素早く把握し、説得力のある情報をタイミングよく提示することです。プロジェクトでは、商談スペースにスポットを当て、情報発信力に優れたデジタルツールと、AIを活用したスマートなプレゼンで顧客が製品の魅力に引込まれる効果的なプロモーションをサポートいたします。

 

あらかじめスケジュールを設定して、商談のシーンに合わせたタイムリーな情報配信ができるデジタル掲示板です。今お持ちのテレビやモニターを使えるためローコストでの導入が可能です。

 

商談用テーブルに大型のタッチパネルを埋め込むことで、顧客との情報共有がスムーズになり説得力のある情報をタイミングよく提示でき商談を優位に進めることができます。また、コンテンツの閲覧履歴など蓄積したデータを分析してマーケティング戦略に活用することも可能です。

 

話しかけることで操作ができる「スマートスピーカー」や、質問をロボットとの会話で解決できる「チャットボット」など、AIを活用したスマートコミュニケーションの創出をサポートします。

 

あらかじめスケジュールを設定して、利用者のシーンに合わせたタイムリーな情報配信ができるデジタル掲示板です。メイン画面とサブ画面を使って、二つのコンテンツを同時に配信することができます。動画を流しながら関連商品の紹介やイベントのPRなどができます。小型の配信端末と、今お持ちのテレビやモニターを使ったローコストタイプのデジタルツールです。

 

 

商談用テーブルに大型のタッチパネルを埋め込むことで、顧客との情報共有がスムーズになり説得力のある情報をタイミングよく提示できます。多数の自社製品をお持ちの場合、顧客に最適な製品を素早く検索し、映像による導入イメージと合わせて提案できるなど、製品の魅力を効果的に伝えることで購買意欲の向上を図れます。また、ワンタッチによる画面反転機能などを搭載し、直感的な操作と大きな文字で誰にでも分かりやすく、デジタルツールが苦手な方でも気軽にお使いいただけます。その他、コンテンツの閲覧履歴など蓄積したデータを分析しマーケティング戦略に活用することで、販売促進に役立てることもできます。

 

 

話しかけることで操作ができる「スマートスピーカー」や、質問をロボットとの会話で解決できる「チャットボット」など、AIを活用したスマートコミュニケーションの創出をサポートします。「デジタル掲示板」や「テーブルタッチサイネージ」と連携すれば、スマートスピーカーから「おすすめの商品」の検索ができるなど、さらに便利で楽しいデジタルツールへとカスタマイズが可能になります。お気軽にご相談ください。

 

 

カーディーラー 中古車販売店 住宅展示場 マンション販売店 不動産仲介店 旅行代理店 冠婚葬祭業

カルチャーセンター 学習塾 美容院 ネイルサロン エステサロン 時計・メガネ販売店 ジュエリー販売店 保険代理店 銀行 証券取扱店  等

ご相談はお問合せページまたはお電話にてお受けしております。

お気軽にどうぞ!

「人手不足解消プロジェクト」スタート

深刻化する人手不足を「AIの活用」で解消する

日本における人口減少・少子高齢化は、数年前からビジネス環境に大きな影響をもたらすと言われ続け、そして現在、人手不足に悩む事業者様が増加している状況となっております。さらに「働き方改革」の推進で労働時間の短縮を迫られるなど、現場の環境整備が求められる時代です。そこでパターン化できるコミュニケーションや業務については、デジタル技術により自働化することで、時間短縮や手間の削減に大きく繋がると考えます。プロジェクトでは人手不足にスポットを当て、AI&デジタルツールを活用した様々な現場における業務の効率化と環境改善をサポートいたします。

 

AIは画像を解析してデータ化したり、コミュニケーションが取れたりできます。時間を掛けて人の目で行っていた製品チェックや、受付・窓口対応を任せたりできます。また、数値化したデータをマーケティング戦略に活用することも可能となります。農業、工業、商業、サービス業など様々な現場環境で活躍できるAI開発&活用をサポートいたします。

 

現状のワークフローをしっかりと検証し、時間短縮や手間の削減に繋がる最も効果的なAI活用をご提案いたします。複雑な自働化ではなく、シンプルに的を絞ったピンポイント導入で過剰にならない費用体効果を意識した開発を重視いたします。小規模な事業者様も気軽にご検討していただけます。

 

ご導入後の効果をしっかりと検証し、現場の環境変化に合わせた改善を継続して行っていきます。安心してご利用いただける保守サポートを実施いたします。

 

顧客とのコミュニケーションが取れる「AIデジタルスタッフ」を開発し配信いたします。受付や窓口対応などの業務を任せれば、スタッフ様はデスクワークに集中できる環境となり作業効率がアップし、労働時間短縮に繋げることができます。また、店舗の店頭に配置して集客と商品注文を任せることで、販売促進と内部業務の効率化を同時に図ることができます。来店者様が楽しみながら商品を注文することができるシーンを創出し、注文数増加と客単価アップを図っていきます。

さらに、顧客の顔や購買履歴など蓄積したデータをAI解析することで、好みなどを把握でき的を絞った広告配信や購入を見込める商品の提案が可能となります。マーケティング戦略に活用することで、効率の良い販売促進を展開することができます。

 

飲食店(カフェ レストラン 日本料理 焼肉 等) 美容関連(美容院 エステサロン ネイルサロン 等)

小売店(洋菓子 和菓子 ベーカリー アパレル メガネ カーディーラー 各ショールーム 等)

医療機関(病院 診療所 歯科医院 福祉施設 介護施設 針灸院 整骨院 保険施設 等)

観光案内所 道の駅 宿泊施設 温泉施設 市役所 公共施設 不動産仲介店 銀行 証券取扱店 等

 

 

AIは学習したデータを基に画像を解析することができます。高齢化や人手不足に悩む農業の分野であれば、人の目で行っている農産物の選別作業をAIに任せることで、条件に合わせて自働的に選別ができるようになります。AIの素早い解析で作業時間短縮を実現します。また、蓄積した選別データを基に、今後の生産計画に活かしていくことも可能となります。その他、製造業での製品チェックにも活用することができます。シンプルな構成のシステムにすることで、小規模な事業者様も気軽に導入を検討していただけます。

 

農業、林業、畜産業、各種製造業、工場 等

※取扱されている製品やチェックの精度など、現場環境によりAI導入が難しい場合もございます。

まずは、現状のヒアリングと現場環境の調査を実施いたしますのでお気軽にご相談ください。

 

ご相談はお問合せページまたはお電話にてお受けしております。

お気軽にどうぞ!